« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

小岩井農場クラフト市

小雨の降る中、行ってきましたrvcardash

このクラフト市には、全国のクラフトマン85店 食べ物屋さん11店が出店しています

開催期間は明日まで 10時~16時まで行われます。

でもね 台風の進路によっては、早く閉めるんだって

テントが飛ばされたら大変だもんね

 全国から集まったのに、あいにくの天気で残念

P1080625

お目当ては このお店shine

P1080610

絵が可愛くて 一目ぼれhappy02heart04 

どれを買おうか、迷っちゃったhappy01 

 ATELIER SIMASIMA さんのホームページはこちらから

P1080615 P1080616

P1080620 P1080624

P1080617 P1080618_3

出会ったわんこdog

P1080611

 人混みが苦手で、建物の軒下で飼い主さんを待ってる子

 去年コウもお店の外で待っていたっけな~~~ うんうん わかるよ

  

お店をゆっくり見たかったけど、雨が強く降ってきた

掛け足でお店を見て、お昼を買って、おしまい。  

お昼は車で食べました

P1080628 P1080631

  お家に連れて帰ったお皿

P1080646

259173

 せっかくの連休なのにね 天気が悪くて残念だな~~

 

259155

 

 

 

杉本彩さんのお話聞いてきました

「動物の愛護を考えるシンポジュウム」

~東日本大震災津波で消えた小さな命を想う~

 をテーマに講演が行われました

 特別講演 杉本彩さん

 正直どんな話が聞けるのかな~~~?と楽しみだったの

 P1020408

・杉本さんのお家には保護した10匹のネコちゃんと、3匹のワンコと暮らしていること

・保健所で殺処分されている犬・猫達が少なくなっているとはいえ、まだまだ行われていること 

 処分方法も京都府・京都市ではガス処分はしないことに決まった

  (H26からだったかな?)

・ペット業界の裏側で、悪質ブリーダーの存在があり、

子犬生産目的で集められ、母犬は小さな小屋で一生を過し、物のように扱われ、大切にされないまま死んでいく子たちのこと 

・アニマルポリスの必要性 のお話を伺いました

 

 杉本さんも言ってましたが、1番大切なことは”知ってもらうこと”と

 会場に集まった人の中には、愛護より「杉本さんに会いたい」を目的にした人もいたはず

 でも ペット事情のことについて知る きっかけになるよねshine

 

 自分に何ができるのかな~?

 「今一緒に暮らしている家族を一生大切にすること・虹の橋を渡るまで、見とどけること」

 今ペットと暮らしている人が、全員実践すれば 殺処分される子達が減るよね

 避妊・去勢もすれば、望まれない子犬・子猫も生まれなくなる

 一番の底辺だと思うけれど 自分が今できる 愛護だよねhappy01

 

P1020417

P1020427

 「東日本大震災津波で消えた小さな命展」 パネル展も開催してました

P1020386

P1020387

P1020389_2

ペットを亡くした家族さんへ 絵を書いた方からのメッセージがあり

また、家族さんから 絵を書いてくれた人に メッセージがあり

 読んでいると 心が熱くなりました

岩手県がこの素敵な絵とメッセージを集めた、冊子を作っていました

 やるじゃん 岩手県☆彡

ね・・・読みたくなりませんか

岩手県HPからダウンロードができます 是非読んでみて下さい

   「東日本大震災津波で消えた小さな命を想う(作品集)」 

で コウちゃんは 私の布団占領しちゃったよ~~~

P1020435

動物の愛護を考えるシンポジウムの開催

平成25年9月8日(日)の午後2時から、岩手教育会館大ホールにて開催されます

入場無料shine   申込締め切りは9月4日まで 申込方法は岩手県HPから確認してね

 このシンポジュウムの特別講演として”杉本彩さん”のお話が聞けますshine

 杉本彩さんは動物愛護活動にも参加されているもんね

 と言っても、TV志村どうぶつ園を見て知ったの

 TVで見ると動物愛護活動と結び付かなかったんだけれど、ブログを読むとめっちゃ熱い人sign03

 どんな話を聞けるのか、楽しみだな~~~

  と彩さんどんな服着てくるのかな~~ えへへ

 さらに 対談 こちらにも興味ありsign03

  テーマ:東日本大震災津波で消えた小さな命を想う

  対談者:うさ 氏(震災で消えた小さな命展代表・絵本作家)

       杉本彩 氏    岩手県担当職員

絵本作家「うささん」「震災で消えた小さな命展」という活動をされています

イラストも可愛いいんだよ 

    内容コピーしました

「2011年3月11日の大震災で、たくさんの命が犠牲になった中に、様々な動物の命も失われました。
家族同様のイヌやネコ、ウサギやハムスター、金魚や虫たち。
福島の原子力発電所事故で町に残らざるを得ず、命を終えた動物たち…。

絵本作家・画家・イラストレーターが、被災者の方から描いてほしい動物を伺い、
その『小さな命』を絵の中によみがえらせたいと思います。
描いた絵は、被災地など各地にて展覧会を開催し、
展覧会終了後は、お申し込みいただいた被災者の方に贈ります。」

 こんな温かい活動をされていた事を知って、このシンポジュウムが楽しみなんだheart02

 今日申し込んだけど、参加できますようにhappy02

 

 

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »