« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

コウちゃん定期健診

膝の手術から半年

手術の後が全くわからなくなりました

 一時はこのまま素肌丸見えだったら・・・と思ったけれど 心配無用でし

診察待ちの間 暑くても車で待機 

Yurumojicamera_2

 暑いからとお水をあげようとしたけれど、ドキドキしてるからかな、飲みません

Yurumojicamera

さてさて、診察の時のショック

歩き方の確認をしてもらう時に

先生の”歩いて見せて!”の言葉に

 コウから少し離れて呼んでみた    来ず・・・

先生が呼んだら 先生に向かって行くんだよ~~~~(大涙;;;

先生大爆笑

 嫌な場所に連れてきたから、小さな拒否だったんだろうけど

家族としては ちょっと寂しい瞬間だったよ

 診察結果は 順調です

 激しい運動は控えること忘れないように、でも楽しまないとね

P1080043

 ちょっと前のコウちゃんの写真だけど 元気にお散歩してますよ~

今でしょ! 

と思ったのに、今はダメみたい

ここの所、イライラ食事・ストレス食い、食事時間の不規則も重なって、体型が”洋ナシ状態”  マズイ! マズイ!

 と思っていた矢先 eyeに留った「バドミントン教室」flair

 義理父も施設に入所したし これはチャンスhappy01scissors

バドミントンで体力つけば、さんさ踊りの時も楽に踊れるしshine と申しこんだの

 若かりし頃は(20才台の頃ね)、1週間に3回練習するくらい 大好きだったスポーツ

 15年ぶりにバドミントンのシャトル打って 

 まともにラケットに当たらず空振りばっかりだったけど、楽しい汗かいて 気持ち良かったのに・・・

 

 左足首のねん挫   コウじゃなくて 飼い主の方bearing

それも部屋のカーペットに足を引っ掛けて の ねん挫

スポーツしててのケガなら 仕方ないね~~になるんだけど 何でそうなるの?って感じ

 詳細はね

 家で、フローリングの部屋に正座して、お友達にメールしてたんだ

 一時間くらい正座してたかな? そしたらね ピンポーン と玄関のチャイムの音

慌てて立って、玄関に向かおうとしたの

 右足の裏は床に付いたのに、左足は正座した状態のまま (つまたてした状態)

で床に足を付きそうだったから、ダメだ 足裏付かないと と思って足首を動かしたら

 カーペットに左足引っ掛けて 更に全体重が乗っかって ドン

 しばらくの間痛くて動けなかったな~~(crying 涙;

 

 何もね ワンコと飼い主が半年の間に靱帯のケガしなくてもいいのに~~

 似た者同士? それとも一緒に居ると似るのかな?

 先生の診断の結果 

 若い人にはギブス勧めるんだけど、ギブスすると家庭の仕事にも支障があるからね

サポーターとか使って、2・3カ月は大人しくしてて  だって

「もう少しの間 休みなさい」 という事かもねconfident

バドミントン教室は10回開催のうち、1回しか参加できず 悔しいよwobbly

でもでも さんさ踊りまでには 治すよ~~

怪我した当日は コウちゃんちょっとだけ添い寝してくれました~~

Yurumojicamera

多少の距離は歩けるし、腫れも引いたので ご心配なくbleah

 

 

 

 

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »